紺商株式会社は、石材にお悩みの方に保護剤「イシノール」と洗浄剤「イシクリーン」をご提案しています。

English
会員ログイン 業務用洗濯機ページ
ソリューション
よくある質問ページ
資料請求
動画紹介ページ
業務用洗濯機ページ
紺商 採用サイト
ソリューション

オイルゲッターの輪ジミ

鉱物油をこぼし、シミになった場合、当社では、オイルゲッターのみで洗浄、もしくは、オイルゲッターネンドルで、湿布し除去して頂いております。

しかし、下記写真のような状況になったことは、ありませんでしようか?

エンジンオイル付着状況 オイルゲッター+ネンドル湿布後
これは、シミと同じ大きさで湿布してしまった為、
輪のシミが発生してしまいました。

 

 

 

 

左図1のように、シミと同じ大きさで湿布します。

●油
○オイルゲッター

左図2のように、油がオイルゲッターに溶解され●になり、広がっています。
ネンドルが上にある箇所は、●が吸着されます。

左図3のように、ネンドルがない部分は、吸着されずにオイルゲッターのみが、、揮発し、油が残ってしまいます。

これが原因で、輪のようにシミができてしまいます。

対処方法

石材1枚に湿布もしくは、大きめに湿布することで、問題なく除去できます。

エンジンオイル付着 石材1枚に湿布中 洗浄後

万が一、輪ジミができてしまった場合は、オイルゲッターを塗布して、10分放置します。
その後、ウエス等で叩きながら乾燥させます。

それでも消えない場合は、繰り返すか、再度オイルゲッターネンドルで湿布洗浄してください。

輪ジミ 除去後

上に戻る

〒940-0061 新潟県長岡市城内町3-7-8
TEL.0258-32-4453/FAX.0258-32-4669/MAIL.info@konsho.co.jp
Copyright (c) 2011 Konsho.