紺商株式会社は、石材にお悩みの方に保護剤「イシノール」と洗浄剤「イシクリーン」をご提案しています。

English
会員ログイン 業務用洗濯機ページ
ソリューション
よくある質問ページ
資料請求
動画紹介ページ
業務用洗濯機ページ
紺商 採用サイト
ソリューション

薬品 危険!

”やけど” の跡が痛々しい・・・。
正式には、『化学やけど(熱傷)』 といいます。
 
 
熱傷の様子
 
 
油の染みを除去するために、
アブラリムーバー(液体)と、ネンドル(粉体)を混ぜ合わせ、
それを染みの箇所に貼り付けていく作業をしていました。
この作業は手作業で実施し、手袋は着用していました。
 
 
お話を伺うと、
 
作業中、手袋の中に入ったのはわかったそうです。
 
”やけど” になるかも・・・
 
と思いましたが、 あとちょっとで終わるので、そのまま続けました。
 
終了後、痛みを感じ洗いましたが、ご覧の通り。
 
 
原因は、
”アルカリ性薬剤が、肌に長時間接触” していたことです。
 
アブラリムーバーはアルカリ性の液体で、
アルカリ性は皮膚のたんぱく質を溶かしてしまいます。
 
液体とネンドルを混ぜると、粘土状になります。
粘土状になったネンドルは、粘性があるため、
付着するとその場に留まります。
 
 
作業の様子
 
 
今回、アブラリムーバーとネンドルを混ぜて使用したため、
ネンドルはアルカリ性の状態です。
 
粘性のあるネンドルが肌に着き、それを放置したことで、
アルカリが長時間同じ場所にある状態となりました。
 
 
酸性洗剤だと、手についた瞬間 ”ぴりぴり” するのですぐ洗います。
 
しかし、アルカリ洗剤の場合、肌に着いた瞬間は痛みを感じません。
痛いと感じた時には、皮膚内部への浸食がかなり進んでおり、大きな損傷となります。
 
 
はじめて使用される方、
慣れている方も、
使用方法、注意書きは必ず守ってご使用ください。
 
お困りの汚れがございましたら、
 
ご相談等、お気軽にお問合せください。
 

お問合せはこちらから   ⇒   http://www.konsho.co.jp/inquiry/
 
スマホからは   ⇒   QRコード

上に戻る

〒940-0061 新潟県長岡市城内町3-7-8
TEL.0258-32-4453/FAX.0258-32-4669/MAIL.info@konsho.co.jp
Copyright (c) 2011 Konsho.